私のフィリピン留学

フィリピンで英語の語学留学を10週間したことがある。
最近はかなりメジャーになっている気がするが、
未だに「えっ?フィリピンで英語勉強したの?(笑)」
と言われることもしばしば。
いやね、あなたは自分の知識の無さを恥じた方がいいよ、と。
(フィリピンで英語を学ぶことに関しては、語学学校の説明でも読んで下さい)
スクリーンショット 2013-12-14 23.22.55
それで、色々な語学学校があるが、私は幾分自由な雰囲気の学校で勉強した。
因みに、スケジュールはこんな感じ。

月~金
07時30分        起床
07時30分~8時00分  朝食等
08時00分~10時00分 予習・復習・おしゃべり
10時00分~10時50分 マンツーマン授業
10時50分~11時00分 休憩
11時00分~11時50分 マンツーマン授業
11時50分~13時00分 昼食
13時00分~13時50分 マンツーマン授業
13時50分~14時00分 休憩
14時00分~14時50分 マンツーマン授業
14時50分~15時00分 休憩
15時00分~16時00分 予習・復習・宿題orプレゼン傍聴
16時00分~16時50分 マンツーマン授業
16時50分~17時00分 休憩
17時00分~17時50分 マンツーマン授業
17時50分~18時30分 夕食
18時30分~       予習・復習・宿題・おしゃべり・サッカー
01時00分        就寝  

土日
予習・復習・宿題・
遊び

見ての通り、フィリピン留学の最大の売りは『マンツーマン授業』にある。
そしてなにより、安価なのだ。
『3食寝床付き、マンツーマン6時間、3週間10万円。」といったトコだろうか。
※よく一ヵ月との記載を見るが、教材費等により3週間の方が正しい気がする。
授業内容は、ロールプレイでの会話の練習〜議論やプレゼン、と色々とレベルに合わせてある。(私はプレゼンまでいかなかった)

因みに、入国当時の私のレベルは、
スピーキングテスト31(High beginner)だった。
TOEICは500点くらい(覚えてない)

そして10週間後…紆余曲折あり、、、


スピーキングテスト62点
(High Intermediate)。
やりました、ダブルスコア!!

それにしても、なかなかに濃厚な10週間を過ごすことができた。
そのことについては後日書こう。
なにより、色んな生き方ができるのだ、と学んだことが大きかった気がする。
スクリーンショット 2013-12-14 23.43.26

広告

山登りとライフスタイル

先日、由布岳を登り、ご来光を見た。
photo
photo-2

とても美しく、感動した。
あのような空の色は今まで見た事がない。
表現する言葉がない。
次は樹氷を見に行く予定だ。

それで…
自然と触れ合うことは、人間にとって必要なことだと改めて思った。
私たちの日常はとても人工的で、快適に過ごす事ができる反面、”歪”だ。
精神的につらい事や、肉体的にしんどい事の殆んどは、人間関係とシステムによるものばかりだ。
なにかおかしい、自然ではない、生き物として”歪”だ。

自然と接すると、不思議なことに歪なものから解放される、リフレッシュできる。
そしてエネルギーを貰える。
それに、自然は『人間の無力さ』や『あらゆることが受動的なんだぞ』といったことを経験させてくれる、教えてくれる。

以前、スイスのブックスを旅したことがある。
この地方の人々のライフスタイルはおもしろい。
土日にアウトドアをするのは勿論の事、平日でも仕事終わりに軽くサイクリングしたり、山を登ったり、スキーをしたりする。
とても”健全”だと思った。
現代を生きる人々の目指すライフスタイルはこれではないか?とも思う。
現代は歪ではあるが、その歪さを捨てる事はできない。
その点において、そこの人々のライフスタイルはバランスが良いように思えた。

576942_362212930528395_277851245_n
ブックスで撮った風景

私は3日連続で山を登った。
友達と登る人、夫婦で登る人や犬と登る人、はたまた夫が赤ん坊を背負い、奥さんが荷物を背負い、家族で登る人もいた。
犬は、ブルドッグもハアハア言いながら山を登っていたから驚いた。

304666_362208900528798_649668427_n
ブックスの夕日

私は、私が思う健全な生き方をしたい。

ダークツーリズム

ダークツーリズム』という言葉をご存知だろうか?
災害跡地、戦争跡地、貧困地区などの人間の死や悲しみを対象にした観光のことだ。
『ブラックツーリズム』、『悲しみのツーリズム』、『タナツーリズム』
と呼ばれたりもする。

代表的な跡地には、『ニューヨークのグランドゼロ』、『ポーランドのアウシュビッツ』、『ウクライナのチェルノブイリ』などがある。
日本であれば、『広島平和記念公園』や『知覧特攻平和会館』、『ひめゆり平和祈念資料館』などがあげられる。
貧困地区、所謂スラム街は、発展途上国なら何処にでもある。
有名なのは、インドのムンバイにある、『スラムドッグ$ミリオネア』の舞台と世界最大規模のスラム、ダーラーヴィー地区だろう。

私はそこに行ったかよく分かっていないが、ムンバイのドービーガートには行った。
(今でもそうだが、私はひどく方向音痴で、現在地も把握できずに歩き回る)
ドービーガートは、洗濯物の風景が有名な貧困地区だ。
写真は撮ってないのでネットで拾ってきた、こんな感じだ。
9fc1e2cb-s

その他にも、難民キャンプ地や貧困街には積極的に出向いた。
子供が自分や家族の為に働いており、また沢山の物乞いがいた。

いま分かったことがある。
「インドはオススメ、価値観が変わる。」
というサブカル共のこの言葉の真理が分かった。
『インド旅行=ダークツーリズム』ともいえる。
それは主にカースト制が齎したものであるが、そうか、だから”オススメ”なのか。

それで、何が言いたいかというと…
ダークツーリズム賛否両論あるが、私は若いうちに経験するべきだと思う。
特に、外国のスラム街は自分の目で見た方がいいのではないか、と。

そこにはリアルがある。
雑誌やテレビで見るものとは比べ物にならない”現実”がある。

いろいろ感じるものがあるだろう。
日本に生まれ育った事に優位性を感じるかもしれない。
未来を選択できる立場に生まれたことに責任を感じるかもしれない。
貧困に手を差し伸べれる人間になりたいと思うかもしれない。
不条理や理不尽を恨むかもしれない。
誕生を始め、生きることがどうしようもなく受動的だと思うかもしれない。
貧困や欲が犯罪を生むのを目の当たりにし、人間の汚さを感じるかもしれない。
いろいろ感じることがあるはずだ。

自分の馴染みの無い世界へと出向き、ショックを受けて欲しい。
私自身、そのことで大きく内面が変わった。
その経験は大いに意味があるのではないだろうか?

旅で便利なあれこれⅡ

アプリ編。(順番に意味はありません。)

sky scanner
格安航空券調べっていったらこのアプリ。
このアプリのお陰で格安フライトできました。
スクリーンショット 2013-11-10 13.18.00

Hostelworld
ドミトリーなどの安宿調べ&予約はこれですよね。
スクリーンショット 2013-11-10 13.18.11

agoda
ホテルの割引情報得て予約ができる。
得していいホテルに泊まろう。
スクリーンショット 2013-11-10 13.18.19

Skype
当たり前だろって思いますが、これはSkypeクレジットを購入すると更に便利。
いい回線で『電話』を利用できるので、保険会社や旅行会社に電話する時とかに便利。
スクリーンショット 2013-11-10 13.18.29

eCurrency
為替アプリは必須ですよね。
私はこれ使ってますが、皆は何を使ってるのだろうか?
スクリーンショット 2013-11-10 13.18.41

Real英会話
英語アプリ、結構使える。
シチュエーションに応じて文を調べれるから便利。
スクリーンショット 2013-11-10 13.18.55

CouchSurfing
現地人と交渉して泊めてもらうアプリ。
宿代が浮き、国際交流ができる。
スクリーンショット 2013-11-10 13.30.19

これだけあれば、とりあえず十分な気がする。

旅で便利なあれこれ

モノ編、10個あげます。

セームタオル
ご存知、水泳やってる方が使うタオル。
水分を吸った後に軽く搾ることですぐに吸水性が復活する凄いヤツ。
シャワー後、身体に付いた水分をふき取るのに最適!!
スクリーンショット 2013-11-03 2.28.10

 

十徳ナイフ
ナイフ、コルク空け、瓶の缶空け、ドライバーetc
旅人の必須アイテム。
機内持ち込みできないので注意!
スクリーンショット 2013-11-03 2.33.51

 

スマホ
現代旅人の必須アイテム。
宿の予約、チケットの購入、Skype、メールetc
こいつが何でもこなしてくれます。
スクリーンショット 2013-11-03 2.37.48

 

シークレットベルト
カードやパスポートなどの貴重品を肌身離さず所持する為の必須アイテム。
これがなかったら私はいろいろ盗難されていたでしょう。
スクリーンショット 2013-11-03 2.40.24

 

外付けHDD
容量を気にせず使用できるモノが良い。
旅人はたくさんの素敵なデータを持ってる、貰いましょう!!
スクリーンショット 2013-11-03 2.45.52

 

国際キャッシュカード
海外のATMでお金卸す為の必須アイテム。
ATM
はなるべく銀行内のものを使用すること、でなければスキミングに遭うかも。
私はブラジルで8万抜かれた()
スクリーンショット 2013-11-03 2.48.51

 

ユニクロ ウルトラライトダウンジャケット
コンパクトになる凄いヤツ。
その手軽さは、まるで旅人の為に作られたかのよう。
最近の柳井正 氏の言動は好きではありません。
スクリーンショット 2013-11-03 2.52.14

 

ひも
洗濯物を干す為の必須アイテム。
結び方の勉強をしておくと尚良いでしょう。
スクリーンショット 2013-11-03 2.57.14

ストール
身体に羽織れ、緊急時にはタオルにもロープにもなる。
身に付けておくと便利。
スクリーンショット 2013-11-03 3.03.46


ジップロック

料理は勿論のこと、簡単な着替え、デバイスも収納でき万能。
特に汚れた服をしまう時に使った。

『防水&圧縮&使い捨てれる』こいつは本当にすげえ!!
スクリーンショット 2013-11-03 3.06.00

以上、旅で便利なあれこれ、モノ編 おわり。