この男、まるで奴隷のようだ。

久方ぶりの更新です。
最近、
“苦行の毎日を過ごしている、さながら奴隷のようだ。”
と思っており、苦行とは?労働とは?奴隷とは?などを考えておりました。
考えていてもラチがあかないので調べてみました
(間違いがあるかもしれません、優しく指摘して下さい。)

奴隷の話をしましょう。
奴隷とは、ざっくりと説明すると、“人間でありながら所有物として扱われる人間”の事を指します。
さて、この奴隷を解放する動きは、およそ1830年から起き始めます。

そして、奴隷解放により大なり小なり確実に皆が奴隷になりました。
しかし、それは歪な形となりました。
女性の方がより奴隷であったのです。

そして時が流れ、女性の人権を高める動きが始まります。
背景には、機械化による家事業務の軽減もあるでしょう。
晴れて皆が奴隷になっていきます、これが現在です。
しかしご存知の通り、社会活動の末端ほどより奴隷となっています。

じゃあ、次はどうなるでしょう。
漸く皆が“いじめてもいい奴隷”を持つようになります。
ロボットです。

皆が奴隷を所有する、かつてのローマ人の貴族のようになります。
奴隷を殺させあい、仕事をさせ、とにかく欲望を満たす、趣味を楽しみます。
しかし、ロボットを殺させあったり、ロボットを虐げたりして楽しいでしょうか?
否です、人間っぽくない、陵辱することもできない、何より意志がない。

ロボットに飽きた人間はバイオロイドを奴隷にし始めます。
人間と見分けがつかず、しかし人間には従順な生き物。
人類は漸く、最高の奴隷を手にします。

ここからは僕の希望です。
同時に人間は、自分たちが卑しい生き物であり、バイオロイドがより高潔な生き物であることを悟るでしょう。
恥を知った人類は、自分たちを滅ぼしてバイオロイドに未来を託す、それが世界にとってのアポトーシスとなります。
やっと地球から人間が消える、そうなるといいなあ、と思います。

さて、話は大きく逸れて人間滅べばいいなあ、という本音が漏れましたが…
現代人は大なり小なり奴隷であることを内包している、という事は理解しました。
では、苦行とは、労働とは何でしょうか?

そもそも苦行とは、“自らの身体を痛めつけることにより、精神を高める行為”です。
そして根本にあるのは、欲望からの解放です。
欲望とは、喜びや貪り、愛を求めること、生への執着、死の渇望などです。
特に、生への執着、死の恐怖からの解放を指す場合が多いです。
簡単に説明するならば、欲望を捨て、捨身できることにより、人は境地へ至る、という事です。
因みに、釈迦は最終的には苦行はいたずらに心身を削るものである、と位置付けています。

さて、労働=苦行である場合、僕は境地へと至れるでしょうか?
否です、そもそも僕の労働行為には欲望が付き纏っています。
この行為の果てに捨身を習得する事は不可能であり、欲望から解き放たれる事はありません。
では、そもそも現代の労働とは何でしょうか?

現代の労働を美徳とする精神は、工業化に成功したプロテスタントの精神が世界に広がったものです。
まあ、基本的に宗教において労働は祝福されるものであり、それは過去も未来においても変わらない普遍的なものであるようには思えます。
そもそも、それを善としなければ社会が成り立ちませんからね。

話が逸れましたが、つまり現行の日本の労働精神は、その明治時代に流布されたプロテスタントの精神と、それ以前、江戸時代からの労働精神である石門心学が混ざり合ったものです。
結果として、古今東西の歴史上最も過酷な労働環境が日本で生まれました。
それは例えば、安息日の概念などが削げ落ちている事からも周知の通りです。

さて石門心学とは、何でしょうか?
石門文学とは、徳川吉宗時代に民衆の道徳意識を形成するために用いた、石田梅岩の倫理学の事です。
神道、仏教、儒教の三教合一説を基盤としており、それは主に3つを説いています。
「勤勉」、人は労働し食を得る形に生まれており、その心を持っているので、身を苦労し勤めれば心は安楽になる。

「正直」、此れ正直が行われれば世間同一に和合し、四海の中兄弟の如し。
要は、コンプライアンスやCSRの事です。

「倹約」、金を貯めることではなく、物の効用を尽くすこと。
要は、最小で且つ多用的であれ、という事。

そして石門心学では、労働を修行と説いています。
上3つに合わせて、労働が修行であった場合、結論は言うまでもないでしょう、修行は沢山した方がいいのですから。

我武者羅に働き、それが評価され、その結果成功した、という富国強兵や戦後復興の成功体験、これも石門心学の精神が大きいです。
そして成功体験は、これ以降の意思決定の主軸となります。

さて、要は石門心学とプロテスタントの精神を混ぜた果てが現代労働の思想であり、それは大きく変わることがない(ロボットという奴隷が生まれ、全ての人に行き渡るまで)という事が分かりました。
最低の和洋折衷です、吐きそうです、誰が救われるというのでしょうか?

現状の資本主義によって生まれた経済格差は、人は労働を提供する機械として機能させており、又格差は欲望を駆り立てます。
捨身精神のない格差上流の自己顕示欲の犠牲となる、労働すらできていない、労働が善行となっていない、哀しき奴隷が溢れています。

結局、信頼の話になります。
https://saishohajime.wordpress.com/?s=さまざま&submit=検索
あーくだらねえ、この輪廻から外れる方法は。。。

スクリーンショット 2016-03-21 17.56.23

限りなく透明に近いブルー

ご存知、芥川賞群、群青新人賞を受賞した村上龍の処女作である。
最近、この本を読み直した。
というのも、この物語でいう『鳥』が露骨に邪魔をしてくるようになった。

昔から、『鳥』は見えていた。
ただ、『鳥』と僕の距離は離れていて、
離れていると思っていて、
そりゃ時々は邪魔だったけれど、
実害は特になくて、僕は無視をしていた。

それがどうだ、最近では露骨に僕の進路を妨害してくる。
『鳥』は殺さなきゃいけないと思う。
ただ、殺し方がわからないんだ。

以下、レビュー。
————————————————————————
この物語には人間の狂気が詰まっている、乱交、麻薬、暴力の強烈な描写。
しかし、その風俗的な騒々しさとは裏腹に、この物語から私たちは静けさを感じる。
それは私たちが主人公の目を通してこの物語を見ているからだ。
主人公の目というフィルターを通すことでその騒々しさから熱が消える。
何故なら、主人公の目と主人公の行動に親密生がないからだ。
それは紛れもなく主人公の現実であるはずだが、非現実であるような錯覚さえする。

”リリー、鳥が見えるかい?”

物語の終盤、主人公が恋人に問う。
しかし、鳥は存在しない、恋人は狂気を感じる。

”鳥を殺さなきゃ俺は俺のことがわからなくなるんだ、
鳥は邪魔しているよ、俺が見ようとするものを俺から隠しているんだ”

あなたには鳥が見えただろうか?
そして、その鳥をどうしただろうか?

kagirinaku

新たな決意と人の変化について

さて、新年を迎えたこともあり、決意を新たにしている人もいるとは思いますが、残念な事にそれでは人は変わりません。
BBTの大前研一氏曰く、人が変わる方法は3つしかありません。

1、住む場所を変える。
2、付き合う人を変える。
3、時間配分を変える。

この3つでしか人は変わらず、一番無意味なのは“決意を新たにする”という精神論です、その気持ちは続きません。

さて、分析していきましょう。
まず、“住む場所を変える”。
そりゃ外国語を覚えたければ、その外国へ行った方が早いです。
加えて、資格の勉強をしていれば、関係する資格の事務所の隣に住んだらやる気も出るでしょう。
理想ではありますが、現実的に難しいですね。

次、“付き合う人を変える”。
例えば、語学ならその国の人と接点を持って会う頻度を増やす、資格なら同じ目標を持つ人と繋がる、などです。
これは先程より容易ですね、現状の居心地の良さをぶっ壊せばいいだけです。
恋人や身近な友人と距離を置いて、目的に関する人間と接する時間を作ればいいのです。
可能なら、その勉強をする場に金を払ったりすれば尚良いでしょう。
所詮、人間関係はクラスタです。

最後、“時間配分を変える”。
“この時間はこれをする!”って決め、例外を作らないことです。
誰に何を言われても、頑なにそれをできれば尚良しでしょう。
習慣は例外を作ることで簡単に壊れます。

結局、どれだけ自分が逃げない環境を作るか?だと思います。
加えて、挑戦というのはバランスを崩して能力を総動員するものです。
居心地が良いはずはありません、目標を持つことの本質は憂鬱です。
つらいところに身を置き、苦しんで苦しんで、新しいものは手に入ります。
まあ、そうでなければ価値がありませんよね。
kys150922317433-thumb-autox1500-19880

さまざまな今後

【政府】【企業】【個人】【私】は、
今後どうしていくべきかを漠然と考えてみた。

【政府】
基本的に成熟した国の政府の役割は“経済成長”ではなく“再分配”だと思う。
微税し、優先順位をつけ分配、状況に応じて法整備をし、
企業と国民の奮起と努力を喚起する、これが政府の仕事だろう。
つまり、経済成長の主体は政府ではなく民間企業にある、という事だ。

また、今後は更に、コングロマリット化が進み、企業も人も国という枠を超えて活動していくだろう。
政府は優秀な企業や人材に好かれる努力を怠るべきではない。

【企業】
従業員との間に“信頼”をつくる。
信頼は、
①会社の経営理念や事業戦略を全社員が理解、共有し、進むべき方向性が見えている事。
②従業員が自社のサービスに誇りを持っている事。
③解雇の心配がなく、給料が的確に支払われ、昇給がある事。
で生まれると思う。
信頼がなくなった時、人は離れていく。

【個人】
信頼できる企業に勤める事、勤めたら信頼を壊さない働きをする事が必要だと思う。

また、昔より確実に物に溢れ、生活は豊かになっているはずなのに、
多くの人が生きづらさを感じている。
原因は分からない。
生きづらさの中で生まれる、行き場の無い苛立ちや憎しみは、個人の中に溜まり続け、そこから不安だけが際限なく湧き上がってくる。
その結果、自殺したくなるくらい寂しくなったり、悲しくなったり、何かを壊したくなる。
そういう社会を、我々は生きている。
それを念頭に置いて生きていかねばならない。

【私】
まず、心身共に健康にならなければならない。
その為に環境を変えるべきだろう。

次に、やはり成功体験をつくる事だと思う。
環境が厳しくなっていく中、成功体験を持った人や企業は確実に減っている。
そして、今後は更に減っていく。
成功する、という経験をつくらねばならない。
その経験こそが、不安に打ち勝つ唯一のものだと思う。
“なんとかなる”という精神は、なんとかなった経験からしか得られない。

スクリーンショット 2015-08-12 22.51.36

人生は逃げる方が容易いのだが

「人生は立ち向かうより麻薬に溺れる方が楽だ。
 稼ぐより盗む方が楽だ。
 子は育てるより殴る方が容易い、愛には努力がいる。」

この台詞をご存知だろうか?
映画「SE7EN」でモーガン・フリーマンの演じるサマセット刑事の台詞だ。

私はこの映画、そしてこの台詞が非常に好きだ、人生を上手に表していると思う。
実際、そう思う。
じゃあ、「何故そうしないのか?」と問われると、
「ちんけなプライドがそれを許さないからだ。」と答える他ない。

案外、知識と経験に基づいて形成されたちんけなプライドは、バカにできない。

正直、逃げたいし、逃げている事も多々ある。
それでも、相対的に判断すると、まだ立ち向かっているのかな?と思っている。
いや、そう思いたいだけなのかもしれない。
これもちんけなプライドだ。

このプライドのお陰で、なんとか自我を保っていると、私は思う。
ついでにもうひとつ。
「彼女が妊娠した時に恐怖を感じたよ、こんな世界に子供を産むのか?と。そして、彼女を説得して産まない事にしたんだ。」

意訳だが、これも映画「SE7EN」のサマセット刑事の台詞だ。
少なくとも私は、人生が、この世界が、素晴らしいとは未だ思えない。
生きるのはつらい、死に至るまでの戦いはまだ続く。

スクリーンショット 2014-09-21 13.16.13