社会不適合者も一年働けましたが…

サラリーマンになり1年が経った。
振り返ろうと思う。

当初、小さな会社に国立卒の新卒として入社、しかも社長が連れてきた人間、という事で社員には酷く冷遇された。
「大卒なのにこんな事も分からないのか?」等のテンプレ的扱いを受けた。
名前の前にはバカがついたし、殺すぞと胸倉を掴まれたり、飲食店では調味料を飲まされたりもした。

その後、能力的に使える、と理解されてからは上記の事は無くなった。
まあ、多少の小言は言われ続けているが…

マニュアルのない会社で、手探りで仕事を理解していくのには、
それなりの時間を要したし、未だに分かっていない事も多い。
当初、私の思い描いていた1年後、には到底及ばなかった。

学びを妨げた要因のひとつにストレスがある。
サラリーマンとなった私は、
過敏性腸症候群、慢性蕁麻疹、ED、顔面神経痛、適応障害、咳喘息etc
を患った。
適切な判断をできない日々は長く続いた。

何度も漏らした。
脚の付け根の皮膚は変わった。
ペニスは勃たなくなった。
顔の右側にはプレート入れている様な違和感があり、耳は聞こえずらく、右目を中心に鈍痛が走るようになった。
冷蔵庫に革靴が入っていたり、急に泣き出す事もあった。
喘息のような咳が二ヶ月近く続き、慢性的な睡眠不足にも陥った。

いろいろな障害が起きた。
当たり前だが、身体と精神を壊した人間が良い未来を築いていくのは困難だ。
勿論、辞める事は考えた。
しかしながら、周囲は続けろ、の一点張りだった。

だから私は、とりあえず耐えている。
この社会(会社)を否定する憎悪を、怒りをフツフツと心で温めている。
会社を辞めた時、それを糧に動き出す為に。
手で口を覆い、涙目になりながら、腹から湧き上がる汚物を飲み込んでいる。

大丈夫、自殺はいつでもできる。
アスピリンだって中古車だって用意できる。
だから、いまは生きる事を楽しみたい。
PAK86_thesyachiku20140407074103500-thumb-1000xauto-12199

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中