うちに国債がやってきた。

先日、うちの祖父がニコニコとし、紙の入ったファイルを見せてきた。
中身を確認する。

「…国債だと。。。」
「1枚、2枚…にっ、20万円だと。。。」
「(おい、ふざけんなよ。)」

いやね、うち貧乏なんです。
世界一周してから
「お金あっていいねー」
とか言われたりしますが、ないです!!!!
あの旅の資金は、自分で働いて稼ぎました。
(1日14時間以上を23連勤したこともあったなー)

「えっ?これどうしたの?どこの証券会社に唆された?名刺ある?」
「これ貰ったとよ。」
「…(こいつは何を言ってるんだ?)」

詳細を確認した所、戦没者の遺族に国債を渡すシステムがあるのだとか。
国債のことは知らなんだ。。。
参照→戦傷病者・戦没者遺族等の援護

私の曾祖父は戦死しており、曾祖母(100歳)は国からの援護を受けている。
うちがなんとかやってこれてるのも、私が大学に行かせて貰ってるのも、曾祖母が元気なお陰なんです。
詰まる所、曾祖父のお陰なわけです。
勿論、両親のお陰でもあります。
ほんと、多くの人の支え合っての現在です。
有り難い話です、感謝感謝。
だから、曾祖母が亡くなった時には、曾祖父が戦死したブーゲンビル島へと赴き、
報告と感謝、黙祷を捧げに行く予定でいる。

さて、それにしても問題は国債だ。
私は日本に明るい未来を見る事ができない。
そういえば、国債発行総額が180兆円突破らしいですね。

個人的には、さっさと換金すべきだと思うのだが…
聞く耳を持たず、どうも保管する方向しか頭にない模様。
まあ、オリンピックまでは放っといてもいいかな。
災害が来ない事を祈るしかないな。。。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中