今年の本

ビル・ゲイツに習い、今年読んで良かった本でも紹介してみようと思う。
ビル・ゲイツ氏が選ぶ「2013年に読んだ記憶に残る7冊の本」
ただし、”私が今年読んだ本”であり、”今年発売の本ではない”ので悪しからず
(順番に意味はありません。)

①『努力する人間になってはいけない』学校と仕事と社会の新人論 -芦田宏直-
幅広く様々な事が書いてある。
涙してしまう筆者の体験から、”ハッ”とするようなこと、恋愛、教育、Twitter、etc
タイトルの内容は…
努力すれば良いと思ってる奴って、やり方変えようとしない効率の悪い奴だよね。
そんな人間になっちゃダメでしょ。的なことが書かれてる。
手元に置いておきたい一冊。
また、この方はTwitterもおもしろいので是非。→芦田宏直

②『海賊とよばれた男百田 尚樹
正直、これは文学ではない。
しかし、日本人としての誇りを感じる素晴らしい一冊。
親分子分の、奉仕の関係で成り立つ会社の素晴らしさを知った。
いまの日本にこの精神は残っているだろうか?
私利私欲の醜い”我欲”が渦巻いている。

③『永遠の』 -百田 尚樹-
現代っ子が戦死した祖父について調べる話。
戦争について考え、日本人の誇りを抱かせてくれた素晴らしい本。
私の曾祖父も戦死しており、曾祖母が死んだ日には、ブーゲンビル島へ報告と黙祷を捧げにいく予定。
それにしても、よもや村上龍以外の作家にハマる事があろうとは…
まして純文学でもないのに…

④『ワーク・シフト – 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図<2025>』
-リンダ・グラットン-
世界中の頭良い人たちが、
”2025年について考えて纏めてみようぜ!”って本。
漠然とした未来を迎えるのではなく、主体的に未来を生きたい人におすすめの一冊。

⑤『自分の中に毒を持て』− あなたは”常識人間”を捨てられるか  -岡本太郎-
「芸術は爆発だ」しか知らなかった自分を恥じた。
岡本さんは洞察力が長け、世間と戦った素晴らしい方です。
岡本太郎 名言集 – NEVERまとめ

⑥『ワーキング・ナレッジ 「知」を生かす経営』
ナレッジ・マネジメントのことが、かなり簡潔に綺麗に纏めてあり、最高。
10年以上前のもの本なのにやりおる。
ニッチなとこですいません。

⑦『ソーシャルシフト -これからの企業にとって一番大切なこと-』 -斉藤徹-
ソーシャルメディアが社会にもたらす事が書いてある本。
内容が新鮮であり、また事例が豊富でよかった。
この業界の本は、あっという間に”昔”のものになってしまう。
よくこれだけ纏めたよなーと感心した。←お前誰だよww

ということで、私の今年の7冊でした。
スクリーンショット 2013-12-24 21.07.25

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中