私の会った冒険家

旅人は引かれ合う存在だ。
というのも、利用する宿、訪れる観光地、移動する手段etc
共通する点が多々あるから当然といえば、当然なのだ。
かくいう私も、世界一周バックパッカーの旅で沢山の旅人に会った。

日本人カップル、外人カップル。
ロングバケーションの外人。
一人旅をする文系の学生、理系の学生、そして医学部の学生。
ひとりで自転車旅をする小柄な女の子。
仕事を辞めて旅する社会人、冒険家、紀行作家、新婚旅行の夫婦。
ボランティア旅、風俗旅、ドラッグ旅などなど

さて、今回はその中でも『尋常じゃない日本人』の話をしようと思う。
彼とはペルーの日本人宿で会った。
話を伺うと、彼は『ユーラシア大陸を徒歩で2年半かけて横断』したとのこと。
上海空港からポルトガルのロカ岬まで歩いたのだそう。
…….えっ?え、えっ?…..すげえ。」
言葉を失いました、脳が中々理解しませんでした。
リヤカーに荷物をのせて歩いたのだと。
冬は積雪のために現地で越冬せねばならず、結果2年半かかってしまったのだと。
大雑把にこんな感じ。
スクリーンショット 2013-10-28 15.20.02


そして今回は、『アマゾン川をイカダで横断する』とのこと。

んっ?」ってなりますね。
彼の目的は『ペルーのアタラヤ村の川から、ブラジルのアマゾン川を抜ける』ということ。
大雑把に書くと、こんな感じ。
スクリーンショット 2013-10-28 15.05.50


そして彼は、
アタラヤ村で現地人を雇い、イカダを完成させる。
スクリーンショット 2013-10-28 15.22.39

出航→五日後に座礁&転覆→丸太に捕まり死を覚悟した6時間→運良く貿易船に助けられる→奮起して再挑戦

帰国はされているようだが、音沙汰がない。
何はともあれ、生きているらしいので本当によかった。
また凄い挑戦をしてもらいたい、話を聞きたい。

冒険家私はなれそうにはない。
自分で決めた限界を、私は超えることができないでいる。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中